東京都の大気監視及び大気汚染地図情報の説明について

[戻る] [ホームページ]

大気汚染常時監視測定局の測定結果


○測定結果(速報値)について
 大気汚染防止法第22条に基づき測定した結果(1時間ごとの測定値)を表示しています。
 なお、測定データは、速報値であり、訂正されることがあります。


○大気汚染常時監視について
 都内の大気汚染の状況を把握するため、大気汚染常時監視測定局で各種の大気汚染物質を連続
 測定し、そのデータをテレメータを用いたオンラインシステムにより毎時、中央局に送信し、
 監視しています。

  (1)測定地点
    住宅地等に設置している一般環境大気測定局(一般局)  47局
    道路沿道に設置している自動車排出ガス測定局(自排局) 35局
  高度別の測定を行う立体測定局、汚染の少ない地域の測定を行う大気汚染測定所 それぞれ1局
    (測定地点は、一般局自排局その他の一覧表のとおりです。)

  (2)測定項目
     環境基準設定項目・・二酸化窒素、浮遊粒子状物質、光化学オキシダント、
     (6項目)     二酸化硫黄、一酸化炭素、PM2.5(平成21年9月告示)
     その他の項目・・・・一酸化窒素、窒素酸化物、メタン、非メタン炭化水素、
     (9項目)          風向、風速、温度、湿度、日射量

大気汚染地図情報の説明


○大気汚染地図情報のデータについて
  (1)  大気汚染地図情報の作成には、都内47か所の一般環境大気測定局と大気汚染測定所
   (バックグラウンドの檜原測定局)の測定値を用いています。
 (2)  地図情報化するための測定値としては、東京都の大気監視オンラインシステムにより
   毎正時から15分までに収集されたデータを用いています。なお、測定データは、速報値
   であり、訂正されることがあります。


○大気汚染地図の作成方法
  (1)  一般環境大気測定局等で測定されている大気汚染物質の濃度、風向、風速を基に、
   測定データのない位置について、東京都内を1km格子に分割し、それらのデータを
   下記の補間法により補間し表示しています。なお、多摩の西部地域では、測定局が
   少ないため、時として不自然な濃度表示となる場合があります。
  (2)  補間方法は、始めに都内を1km格子に分けます。次に、1km格子の中央点での
   濃度及び風向風速を各測定局の実測値により、測定局からの距離の2乗に反比例する
   よう重みづけして求めます(加重平均法と逐次修正法を利用)。

  (参考資料)逐次修正法:「気象学におけるデータ同化」気象研究ノート、第217号2008年2月